忍者ブログ

ぼちぼち雑記帖

でこぼこ不器用な日々を綴っています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悲しみの正体


自分の幸せのために家を出て半年。

日帰り旅行にも行き
好きな映画も見て
歌のレッスンも始めた。

自由を謳歌している。

なのに
時々襲われる悲しみ。


荷物を取りに帰るたび
荒れていく元家を見ては
涙があふれる。

荒れた元家を思い出しては
こころが痛む。

かつては
ここで家族5人と猫一匹
賑やかに暮らしていたのに・・・。

どうしてこうなってしまったんだろう。

そんな悲しみだろうか。


こないだポッと来た
あのひとからの
何事もなかったかのようなフツーの
メールに傷ついたのか。

何もわかってないあの人への
今更ながらの絶望感?

自分の気持ちがわからない。

あのひとにまだ未練があるの?
あのひとが一人で寂しい思いをしてると思うと
それはそれでつらい。


今日ついにというかやっと
カウンセリングに行ってきた。

始めての体験のカウンセリング。
早めに言って近くの喫茶店で
気持ちの整理でもしようと思ってたのに
結局時間ぎりぎりに家を出て
住所や目印を書いたメモをなくして
携帯も忘れる

時間になっても場所が分からず走り回る羽目に・・・。

自分が嫌になる。

目印の幼稚園の名前も
勘違いして覚えてて
全然たどり着けない!!

走り回っても
ただ時間だけが過ぎていく。

困り果てて鞄を探ってたら
メモが見つかる!!!

仕切り直しで道を尋ね
30分過ぎてようやく到着。

最初は話しながら泣くことはなかったけれど
カウンセラーさんからの言葉に
いちいち涙が反応してしまった。

ほんと自分の感情を抑えてたんだな。

「あなたはお母さんになってたんですね」
「でもそうじゃないですもんね」
といわれやはり・・・。

「ご主人はあなたの気持ちを引き留めるエキスパートですね」
ともいわれた。

「僕をコントロールしようとしてる」
と言われたことに対しては
「お金のことはそれで当たり前なんです。
最低限のルールですから」ときっぱり。

どうもあのひとの理不尽な話に
付き合いが良すぎるわたし像が浮かんできた。


相手の言うことを
常識を超えて聞いてしまうわたしは
どうしてそうなったのか
そのことについての話を次回のカウンセリングで
行うことになりそうです。

拍手[0回]

PR

整理しなくては・・・

ここんとこ心が乱れている。


夏物の荷物を取りに元家に帰った時
あまりにも家が荒れていたのと
あの人が自分で使うところだけ
手が入れられていて
完全にわたしの居場所は撤去されてたのを
目の当たりにした。


もうここに私の居場所はないんだ
と思ったとき涙がこみ上げてきた。

自分で捨てたのにね。

物を取りに帰ると
帰り際
もう帰るのかと言わんばかりに
見送るあの人。
寂しいんだと思うと
やっぱ泣けてくる。

でも
一緒にいると
お互い傷つけあうだけだから
何事もなかったかのように
一緒には過ごせない。

そんなことも考えずに
あんなに酷いことをし続けた私に
何事もなかったかのように
「攻殻機動隊の2話と3話があるから
気が向いたら寄って下さい」
ってメールが来たときはびっくりした。

涙が止まらなくなった。
自分でも
なんでこんなに泣けてくるのかと思うほど。

いがみ合うのは嫌だけど
今までの事リセットにして仲良くはできない。

自分の寂しさの事しか見えてないんだろうな。
そんなのわたしは寂しい。

結局
平行線はどこまで行っても平行線。

進歩なし。

悲しい?
情けない?

そして
わたしが音沙汰なしにしてると
また彼女とネット交流始めたようだ。

秋はお互いの誕生日があって
去年も相当盛り上がってたから
断ち切れないんだろうな。

どうしても
許せない気もするけど
2人の関係は2人のものだから
わたしは関与できない。
(あんたら人の事2人で傷つけといて酷い人らや!!
まだ慰め合うんかい!!と叫びたいところだけど・・・)

安易なネットの関係に負けるのは
とても悔しい。

それが正直なところ。

でも
あのひとが一人の孤独に耐えてるとおもうのも辛いから
少しでも癒しを得て心穏やかに過ごしてるのなら
それはそれで安心と思おう。
(言い聞かす)

結局
現実から逃げて
ネットの関係に溺れるようなひとの事
こんなに気になるってことは
こんな状態になっても
好きなの?

こんなに悲しいのはなぜ?


もっと強くなれば大丈夫なのかな?


どうすれば強くなれる?


「自己憐憫」

今までのわたしは正にそうだった。

今だってそう。


そこから離れるにはどうしよう。




堂々巡りを終えるため
カウンセリングを申し込んでみた。

考えるより行動を起こそう。





拍手[0回]

日を重ねるごとに

時間の経過とともに
少しずつ心の奥底へ
沈んで行ってる。

そこから湧いてくる涙。


あのひとから家族を猫を
引き離したのはわかし?


いや
あのひとが自分で
突き放した。


そう言い聞かせながらも
自分を責めるわたしがいる。


どうか
あのひとが一人の暮らしを
満喫していますように。

拍手[0回]

自分の気持ち

この間
カサンドラの自助会に参加してきました。
2回目です。

1回目は春に参加。
そのときは意気揚々と
別居を始めた時で
晴れやかな気持ちで参加。

2回目は
あのひとからフツーのメールが来て
なにやら落ち込んでた後で
気持ちの整理のつかないまま参加。

自分のことを話しているうち
泣いてしゃべれなくなってしまいました。

なんだかな。

まだあのひとの事が好きなのか?
気持ちが断ち切れない。

ほんとに弱くてしょうもない人だと思うのに。


弱い人の役に立つ喜びから離れられないだけ?

自分への問いは
まだまだ終わらない。

本人と話をしたら
整理がつくのかな?

拍手[0回]

過敏なこころ

どうもなんだか涙もろい。

それがなんだか自分でも
泣きの地雷がどこなのかさっぱり。

さっきも「reach out」の意味を検索しただけで
ぽろぽろ。。。

普段は特にふさぎ込むこともなく
忙しく仕事をしている。

ただ嫌な感じなのは
大事に至るケアレスミスが多いこと。

自分で思ってるより
脳の中は混乱しているのかも。



宿題にはなかなか取り掛かれない。



こんな状態であの人と話し合うなんて無理。



焦ることもないけど
いつになったら・・・。





拍手[0回]

ゆらゆら

いまのわたし

風にゆらゆら揺れるキャットテールのよう。


どうしたいのか定まらず

こころはあちこちさ迷う。

達観したかと思うと

恨み節が顔を出す。

うれしくて肩の荷が下りたかとほっとしたのに

悲しみがこみ上げる。



わたしの心は行き場を失い

ゆらゆら。




いただいた無農薬レタスから出てきた
あおむしくん。

行き場を探して
ウロウロ。



 





拍手[0回]

時の流れのままに

別居生活のこの先を
あのひとの事としてではなく
わたしの事として
これからどう進んでいくか考えなくてはいけない。

どうも
二個一で考える癖がついている。


つい
「何考えとるねん?」
とあのひとの事を考えてしまう。

前記事なんか
もろにあのひとの事ばっかり気にしてる。


20年以上も
そうやって生活してきたから
しょうがないと思う。

そのことを反省するのではなく
自分のことを考えようと
切り返せるようになったと思おう。


「想像」ばっかりしても
それは「現実」ではないのだ。

どんなに考えて想像したところで
それはあくまで
「そうかもしれない」だけで
決して断定はできない。

そんなことにほんろうされるより
今の自分の生活を大切にしよう。



なんていいながら
実は
あのひとへの気持ちが断ち切れないと思われる彼女の
ネットで公開しているページのチェックしてしまう。

あのひとが
ネットで公開しているページのチェックをしてしまう。

時間の無駄なんだけど
見たい誘惑を断ち切れない。



まだ
あのひとに
未練があるのか。

あのひとに依存していた時のわたしに
未練があるのか。


だけどねぇ
いつまでもぐずぐずしていてもしょうがない。

人は人。
自分は自分。


あのひとが
彼女とネットでの繋がりを
断ち切ろうが
繋がったままでいようが
それはあのひとが選んで決めること。


わたしはただ
あのひとが選んだことを
受け入れられるか
受け入れられないか
そのことを決めるのみ。


あの人たちの関係の間には
介入できないのだ。


無性に
涙が出てくる時がある
具体的な悲しいことがあるわけではない。

でも大丈夫。

そんな時間はもったいない
とおもう自分もいるから。


今はまだ
これからの事を話し合う気持ちになれない。
どうしても
感情的になって
あのひとを責めてしまいそうだから。

無理はしません。


拍手[0回]

言っておきたいこと・・・

ほんとうは面と向かって
言ってやりたいところですが
いまは止めておきます。
機会があれば聞いてみたいものです。




いとも簡単に
2次元の作られた彼女にのめりこんでいったあの人。

現実から逃げていたなどとは
気づいていないことでしょう。

きょうもきっと彼女のブログ、Facebook、Twitter
などなどをチェックして
胸キュンしてるんだろうな。

わたしの顔なんて忘れて・・・。

わたしが出て行ってしばらくは
退会して鳴りを潜めていましたが
彼女と同じ音楽投稿サイトにも復帰して
どういうつもりだ?

彼女に作曲を頼まれていたけど
わたしが家を出て行ったあと
その話はお流れになったようだ。

コラボの話も
一緒にする予定だった音楽活動も
立ち消えになったようだけど
なんで?

一生懸命ライフワークとしてやってるんだったら
わたしが出て行ったぐらいのことで
止めにしないでほしい。

PCに水をかけようとしたわたしを
突き飛ばしてまで守った
PCの彼女との音楽。

それなのに
止めにしちゃっていいの?

そんなに簡単にやめれるんだったら
どうして私がいたときに
断ち切ってくれなかったの?



安全な害のない2次元の世界は
快適なことでしょう。
ほとんどのことを自分でコントロールできる
夢のような世界。

3次元のわたしとは分かち合うことのない
すてきな世界がそこにはあったのでしょう。



その世界にさよならを言える日は来るのか?



ぐずぐずと
断ち切るような
つながっているような
あいまいなあの人。


自分の弱さに立ち向かう気がないのかい?






拍手[0回]

快適な日々

苦しかったあの日々が嘘のように
消えてなくなりました。

一緒にいない。

それだけでこんなに心穏やかに過ごせるなんて・・・。



もちろん
快適なだけではありません。

2人でいる孤独から
1人でいる孤独に変わったのだから
寂しさの質が変わりました。

引っ越したばかりは
いろいろな雑務に追われて
考える暇もなかったはずなのに
よくメソメソしていました。

長年連れ添ってきたわけですから
そう簡単に
別居に慣れるわけにはいかなかったようです。



でも小さな日帰り旅行や
大好きなあっこちゃんのコンサートに行ったり。



なんで今まで
こんなに自分のやりたいことを
我慢していたんだろう?

やろうと思えば
こんなに簡単に実現するのに。

本当にじぶんを束縛していたんだと思います。

あの人との生活を守るため
という名目のもとに・・・。


過去は過去。

後悔はしていません。

別に反省もしていません。

その時その時
一生懸命
不器用にでもやってきたから
今のここがある。

こういう風にしかやってこれなかった。

この道をたどってここまで来れた。
そう思っています。



今は
一人でいる孤独を
満喫しています。

でもこの気持ちがこれからどう変化していくか
自分でもわかりません。

やっぱりあの人とやり直したいと思うのか?
別の人を選ぶのか?
ずっと一人でやっていくのか?



とりあえず
おもうがままに・・・。









拍手[0回]

もういいよね


1週間以上家に帰ってないことになります。

あの人のパソコンから私の携帯にメールがありました。

以前画像を送ってもらったりしたことがあって
メアドが残っていたのでしょう。

そこには私を非難する言葉が
たいそうなオブラートに包まれて
並んでいました。

内容は
しっぽを巻いて帰ってきたかったらどうぞ。
あなたのやってることは責任放棄ですよ。
だって。

・・・・・

ますます
引越しへの気持ちが奮い立ちました。


とかいいながら
一応めっちゃ落ち込んだ私です。

非難されると
どうしても
わたしってそうなのか・・・
と落ち込みモードに入ってしまいます。

弱いです。

先日はアスペルがー配偶者の自助会の
講演会に行ってきました。

そこでは何をいっても共感してもらえる
夢のような時間をすごさせていただきました。

そこで
「逃げてもいい」
「共感できなくて当たり前」
「相手が非を認めることはまずない」
などについてお墨付きをいただき
自分のしていることに自信がもてたのでした。

あの人に自分のことを否定されると
やっぱり私ってそうなのかな?
と落ち込んでしまう私。

そうやっていちいち落ち込んでいるから
どんどん自分に自信がもてなくて
悩んでばかり・・・。

あの人の主観に満ちた言葉をまともに受けとり
傷ついてばかりだった。

それは私に弱さがあるから。
自信がもてない自分が
ますます自信をもてなくなっていく悪循環。

でもそんな弱い自分とは
さよならしよう。

あの人の主観的な批判を気にするのはやめよう。

そうするには客観的に
物事を見られる目を養わなければ・・・。

カウンセリングにかかるのが一番なんだろうな・・・。

「わたしの問題」
「あの人の問題」
がまだ整理されてない状態だ。

あの人と離れて
他人の意見をきいて
もつれた感情の糸をほぐしていけたらいいな。

拍手[1回]

プロフィール

HN:
キャットテール
性別:
女性
趣味:
仕事・ねこと昼寝
自己紹介:
いつも、急いでいるか
ボーっとしているか・・・

気持ちがゆらゆらして定まりません。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新記事

(08/30)
(07/18)
(07/18)
(06/19)
(06/13)

コメント

お気軽にどうぞ・・・
[05/04 キャットテール]
[05/03 みかん]
[05/06 キャットテール]
[01/06 キャットテール]
[01/05 kururu]

愛読ページ・リンク

RSS

携帯用バーコード