忍者ブログ

ぼちぼち雑記帖

でこぼこ不器用な日々を綴っています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時間を守る


今日も仕事の時間を勘違いしてしまった。

聞いた時間を自分で勝手にアレンジしてしまう。

どうしてそんなことになってしまうのか?
そんなことが繰り返し起こってしまって
失敗続き。

いろんな人に迷惑をかけっぱなし。

役立たずのわたし。
仕事をクビになっても
おかしくないレベルじゃあなかろうか。

このところ頻度が増えている気がする。

危機感はあるのだけれど
直らない。

聞いた時間を勝手にアレンジしてしまう
その深層心理ってなんだろう。

まぁそんなことより
この失敗はなくさなければ。

なくさなければ仕事できない!

そのために何をするか。

確認を心がけてはいるけれど
確認したしりから
時間がすりかわってしまうのだ。

どうすれば…
ほとほと困ってしまう。





拍手[0回]

PR

なんとかかんとか

ようやく下げ止まりとなったようだ。
少し前までナーバスだったのがうそのようだ。

「しないといけないこと」
を優先するのではなく
「したいこと」
を優先するのが自分を大事にする一歩となる。

そこをなるべく意識するようにしてみたからだろうか。

うまくいってるかどうかはわからない。

同じことをやっていながら
ただ考え方を買えただけかもしれない。

同じ「そうじをする」ことでも
「きれいにしないといけないから」
と思うのではなく
「きれいにすると自分が気持ちよくなるから」

そう考えるようにしてみる。

そのほうが
言葉通りきもちいい。

そんなふうに過ごしていこう。

拍手[0回]

しょうがない

どうも
落ち込んでいく自分を止めることができない。

ちょっと待て~

去年の今頃のことを思い出してみると
そのころよりは前進したはずなのだ。

一緒にいても
傷つけ合うだけだったではないか。

いい時もあった。

よく2人で合わせて1人前
なんていい合ってフォローし合える時もあった。

だけど・・・

生活を顧みず
人を傷つけながら
別の人とのつながりを最優先にする。

あたたかい手でわたしを突き放す。

平気でそんなことができる人と一緒にいてはいけないのだ。

さみしいから
こころぼそいから

そんな理由で簡単に後戻りはできないんだよ。

さみしくても
こころぼそくても
傷つける人はもうここにはいない。

カラッポの自分でもいい

どうやってでも
詰めていける。

どんなふうに
つめていったていい。

好きなもの
大事なものだけあればそれで十分。

よくばらなくていい。

そうやって言い聞かせなければ
いたずらに
落ち込んで悲しみに埋もれてしまいそうだ。

家を出たばかりのころは
明るい色をまとって
前を向いてイケイケドンドン。

肩の荷がすっと降りてかろやかだった。

最初の勢いが落ち着いたら
途端に失速して
あまりの身軽さに戸惑いうろたえる。

自助会に参加してみると
自分の落ち込みを少し客観的に観ることができた。

ただやっぱり自覚のないところで消耗は大きかったかも。

でもそれも大切なこと。



自覚なく注意力が散漫だと感じる今日この頃。

半端なく落ち込んで自信を無くしてしまうけど
精神的な黄色信号なんだから
こんなミスをするぐらい疲れてるんだ
という自覚の目安にしとけばいい。

もちろん
「こういうときだから」という言い訳は
仕事の場では通用しないのだから
どうすれば防げるのか
対策は講じなければいけない。

しんどい時の
身の施し方。

とにかく
持ち物は整理整頓を心がける。

「なくす」
「わすれる」

がわたしのアキレス腱。

カバンの中で持ち物の居場所を決めておく。

なかなか徹底は難しいけれど
ガマ口とインナーバックを駆使してがんばってる。

不器用なんだから
すぐにとっちらかっちゃうんだから
言葉も
物も整理整頓から!!

拍手[0回]

自己肯定

人に否定的なことを言われると
すぐに落ち込み
あぁ・・・自分ってそうなんや・・・。
と反論できない。
知らず知らずのうちに
わたしってあかんなぁ~
と小さく反省してしまう。

でも小さな反省って
自分への言い訳なんだって。

それを聞いたとき
おおきくうなづいてしまった。

小さな反省には意味がない。

そんなこと思う時間がもったいない。


「自分はこれでいいんだ」と
思えるようになる道。

自分のやらなきゃいけないこと
より
自分のやりたいこと
を優先させる。

そうやって自分の事を大事にしていこう。


拍手[1回]

自覚できない自分のこと

思いのほかカウンセリングに苦戦した。

料金を前もって銀行に振り込むという
そのそもそものスタートから躓いてしまう。
2回も。

それに重ね
場所がわからなくて時間に遅れる。
しかも携帯を忘れる。
地図も住所や予約を書いたカードも。

1回目は心配顔だった先生も
2回目はあきれ顔。

怒りをぶつけたそうだったが
さすがにそれはないが
「あなたは外科的な病気ではないかと心配です。」
「スーパーバイザーに相談させてください。」

ときた。


わたしのような利用者は
先生の手に余るようだ。


わたしもこのようなカウンセリングは
向いてないと感じる。

というかカウンセリングを受けるまでの
ハードルが高いと感じる。

思いのほか余裕がないのだろう。

「スーパーバイザー」とやらの
見解を聞きたいのはやまやまだったが
迷った挙句
キャンセルすることにした。

すっきりした。



拍手[0回]

悲しみの正体


自分の幸せのために家を出て半年。

日帰り旅行にも行き
好きな映画も見て
歌のレッスンも始めた。

自由を謳歌している。

なのに
時々襲われる悲しみ。


荷物を取りに帰るたび
荒れていく元家を見ては
涙があふれる。

荒れた元家を思い出しては
こころが痛む。

かつては
ここで家族5人と猫一匹
賑やかに暮らしていたのに・・・。

どうしてこうなってしまったんだろう。

そんな悲しみだろうか。


こないだポッと来た
あのひとからの
何事もなかったかのようなフツーの
メールに傷ついたのか。

何もわかってないあの人への
今更ながらの絶望感?

自分の気持ちがわからない。

あのひとにまだ未練があるの?
あのひとが一人で寂しい思いをしてると思うと
それはそれでつらい。


今日ついにというかやっと
カウンセリングに行ってきた。

始めての体験のカウンセリング。
早めに言って近くの喫茶店で
気持ちの整理でもしようと思ってたのに
結局時間ぎりぎりに家を出て
住所や目印を書いたメモをなくして
携帯も忘れる

時間になっても場所が分からず走り回る羽目に・・・。

自分が嫌になる。

目印の幼稚園の名前も
勘違いして覚えてて
全然たどり着けない!!

走り回っても
ただ時間だけが過ぎていく。

困り果てて鞄を探ってたら
メモが見つかる!!!

仕切り直しで道を尋ね
30分過ぎてようやく到着。

最初は話しながら泣くことはなかったけれど
カウンセラーさんからの言葉に
いちいち涙が反応してしまった。

ほんと自分の感情を抑えてたんだな。

「あなたはお母さんになってたんですね」
「でもそうじゃないですもんね」
といわれやはり・・・。

「ご主人はあなたの気持ちを引き留めるエキスパートですね」
ともいわれた。

「僕をコントロールしようとしてる」
と言われたことに対しては
「お金のことはそれで当たり前なんです。
最低限のルールですから」ときっぱり。

どうもあのひとの理不尽な話に
付き合いが良すぎるわたし像が浮かんできた。


相手の言うことを
常識を超えて聞いてしまうわたしは
どうしてそうなったのか
そのことについての話を次回のカウンセリングで
行うことになりそうです。

拍手[0回]

整理しなくては・・・

ここんとこ心が乱れている。


夏物の荷物を取りに元家に帰った時
あまりにも家が荒れていたのと
あの人が自分で使うところだけ
手が入れられていて
完全にわたしの居場所は撤去されてたのを
目の当たりにした。


もうここに私の居場所はないんだ
と思ったとき涙がこみ上げてきた。

自分で捨てたのにね。

物を取りに帰ると
帰り際
もう帰るのかと言わんばかりに
見送るあの人。
寂しいんだと思うと
やっぱ泣けてくる。

でも
一緒にいると
お互い傷つけあうだけだから
何事もなかったかのように
一緒には過ごせない。

そんなことも考えずに
あんなに酷いことをし続けた私に
何事もなかったかのように
「攻殻機動隊の2話と3話があるから
気が向いたら寄って下さい」
ってメールが来たときはびっくりした。

涙が止まらなくなった。
自分でも
なんでこんなに泣けてくるのかと思うほど。

いがみ合うのは嫌だけど
今までの事リセットにして仲良くはできない。

自分の寂しさの事しか見えてないんだろうな。
そんなのわたしは寂しい。

結局
平行線はどこまで行っても平行線。

進歩なし。

悲しい?
情けない?

そして
わたしが音沙汰なしにしてると
また彼女とネット交流始めたようだ。

秋はお互いの誕生日があって
去年も相当盛り上がってたから
断ち切れないんだろうな。

どうしても
許せない気もするけど
2人の関係は2人のものだから
わたしは関与できない。
(あんたら人の事2人で傷つけといて酷い人らや!!
まだ慰め合うんかい!!と叫びたいところだけど・・・)

安易なネットの関係に負けるのは
とても悔しい。

それが正直なところ。

でも
あのひとが一人の孤独に耐えてるとおもうのも辛いから
少しでも癒しを得て心穏やかに過ごしてるのなら
それはそれで安心と思おう。
(言い聞かす)

結局
現実から逃げて
ネットの関係に溺れるようなひとの事
こんなに気になるってことは
こんな状態になっても
好きなの?

こんなに悲しいのはなぜ?


もっと強くなれば大丈夫なのかな?


どうすれば強くなれる?


「自己憐憫」

今までのわたしは正にそうだった。

今だってそう。


そこから離れるにはどうしよう。




堂々巡りを終えるため
カウンセリングを申し込んでみた。

考えるより行動を起こそう。





拍手[0回]

日を重ねるごとに

時間の経過とともに
少しずつ心の奥底へ
沈んで行ってる。

そこから湧いてくる涙。


あのひとから家族を猫を
引き離したのはわかし?


いや
あのひとが自分で
突き放した。


そう言い聞かせながらも
自分を責めるわたしがいる。


どうか
あのひとが一人の暮らしを
満喫していますように。

拍手[0回]

自分の気持ち

この間
カサンドラの自助会に参加してきました。
2回目です。

1回目は春に参加。
そのときは意気揚々と
別居を始めた時で
晴れやかな気持ちで参加。

2回目は
あのひとからフツーのメールが来て
なにやら落ち込んでた後で
気持ちの整理のつかないまま参加。

自分のことを話しているうち
泣いてしゃべれなくなってしまいました。

なんだかな。

まだあのひとの事が好きなのか?
気持ちが断ち切れない。

ほんとに弱くてしょうもない人だと思うのに。


弱い人の役に立つ喜びから離れられないだけ?

自分への問いは
まだまだ終わらない。

本人と話をしたら
整理がつくのかな?

拍手[0回]

過敏なこころ

どうもなんだか涙もろい。

それがなんだか自分でも
泣きの地雷がどこなのかさっぱり。

さっきも「reach out」の意味を検索しただけで
ぽろぽろ。。。

普段は特にふさぎ込むこともなく
忙しく仕事をしている。

ただ嫌な感じなのは
大事に至るケアレスミスが多いこと。

自分で思ってるより
脳の中は混乱しているのかも。



宿題にはなかなか取り掛かれない。



こんな状態であの人と話し合うなんて無理。



焦ることもないけど
いつになったら・・・。





拍手[0回]

プロフィール

HN:
キャットテール
性別:
女性
趣味:
仕事・ねこと昼寝
自己紹介:
いつも、急いでいるか
ボーっとしているか・・・

気持ちがゆらゆらして定まりません。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新記事

(08/30)
(07/18)
(07/18)
(06/19)
(06/13)

コメント

お気軽にどうぞ・・・
[05/04 キャットテール]
[05/03 みかん]
[05/06 キャットテール]
[01/06 キャットテール]
[01/05 kururu]

愛読ページ・リンク

RSS

携帯用バーコード