忍者ブログ

ぼちぼち雑記帖

でこぼこ不器用な日々を綴っています。

涙の正体

娘が入籍をしたので
アルバムを整理して渡そうと思っている。

なんだかきついですね。

写真のあの人は
ことも達と一緒にいきいきと笑っている。

訳もわからず
涙だけが溢れてくる。

何でこうなったの?

という言葉だけが
あたまのなかで繰り返される。

きついなぁ。

でも
これを乗り切るのがわたしには必要だと思っている。

それが私の務め。

拍手[1回]

PR

孤独

どうも今のわたしは鬱状態のようだ。

自分で望んで別れることを選んで
その望みが叶ってしあわせであることに
間違いはない。

しあわせであるにも関わらず鬱になるのは
おかしいのだけれど
無性に泣けてきて困ってしまう。

電車にのってる時や歩いてるとき。

誰かといるときでも。

よっぽどわたしはあのひとに依存していたのだと思う。

あの人の支えになることが生きがいだった。

だから隣にあの人がいないことが堪える。

でもそれは愛ではないのだ。

わたしの弱さからくる依存だ。

その依存をやめて孤独に耐えることができなければ
本当の愛をつかむことはままならない。

この孤独を楽しめる瞬間ももちろんあるのだら
寂しさに押し潰されないように
自分のやりたいことを見つめてすすんで行こう。

涙は流れるにまかせるしかないのだから。


拍手[3回]

ついに

先日
全然連絡の取れなかったあのひとから
ひょっこり着信が!!

何事かとかけ直してみると
もごもごと聞き取れない。

「なに?はっきり言って!」
と何回か聞いて
ようやく
「油断しとって」
「止められる」
「金がない」
というキーワードを聞き取ることができて
ha~と納得。

やっぱりとガッカリが同時に来ましたが
あのひとらしいなぁ。

ここはひとつこれをチャンスと
お金を渡す段取りのついでに
役所に取りに行ってた離婚届にはんを押してもらおうと
その日の仕事終わりに会うことにしました。

駅で待ち合わせて
ちょっと話をしようと喫茶店を探し
「そろそろちゃんとしといた方がいいと思うねんけど」
と離婚届を差し出した。

会ってからずっと遠慮がちだった表情が
一気に険しくなったけど
気を取り直して平静になってた。

書き方例の紙を見ながら
乱雑に書き進めている。
やけくそ?

書き終わって
「お互いよう頑張ったなぁ」
というと
「俺はなんも頑張ってへん」
という。

そんなことはない。

あの人のおかげで
3人の子供を育てることができた。

それはそれはしあわせな時だった。

ほんとに感謝している。

よくがんばったよ。

・・・


書き終えてハンコを押して

「あんまりこういうのは好きじゃないけど」
と言いながらお金を渡した。
おろしに行かなくてもいいほどの額だから
大した額じゃない。

でも「やっぱり傷つくねんよ」
といいながら渡すと複雑な顔。

その後
今までありがとうと言いたかったけど
なぜか口から出たのは
「おつかれさまやったね」だけ。

それが精一杯。
しゃべるとあのひとを責めてしまうから
そのまま飲みかけのコーヒーを残して
席を立った。

その時
5日後には返せるといってたけど
連絡はない。
(もう10日ほどたってる)

休みの日に
わたしの書く欄を埋めて判を押し
役所に持っていったら不備があり
そして昨日改めて出しに行った。

まぁあっさりと受理されてこれでおわり。

散々泣いてきたので
やれやれという気持ちが強かった。

別居してから1年8か月。

酷い目にあいながら
10年近くの時を経て
ようやくです。








拍手[1回]

夢の意味



別居のきっかけをつくった
ネットの彼女が関東からこちらへきて
ライブをすることを知って
行こうか行くまいか迷っています。


そんな中で
今日の朝見た夢。

ライブ会場にて物販をしている彼女。
呼び止めて話があると誘い二人で空地へ向かう。

周りに人がいるからここでは話せないと思いながら
話し始めるが
周りが気になりすぎて核心に迫れず
手を取り別の場所に走って移動しながら話し出すわたし。

ひんやりと華奢な手の感触に
躊躇を覚えるも
これだけは言っておきたいと
あなたとの活動にのめりこんでいた頃
家計は厳しくもっと家族に協力してほしい時だった。

あなたとの活動に思い入れるあまり
家に入れる約束のお金まで
あなたに使っていた。

わたしとは口をきいてくれなくなって
堪えられなくて家を出たけど
今あのひとは仕事もせず生活費も一切稼がず
家は抵当に入って連絡も取れなくなってしまっている。

あなたのせいとは言わないけれど
あなたもその一因ではあるから
自分のしたことを自覚して音楽活動を続けて欲しい。

そんなような事を言った。

彼女の反応は
ショックを受けた風でもなく
淡々と
あらそう・・・。
たいへんなこと・・・。
という風。





この夢は
そんなことしても
虚しいだけという事を暗に示しているのか。

自分でも心の隅で自覚があるのかもしれない。





拍手[0回]

今おもう事

何の連絡も取らないまま
過ぎていく日々。

ただただ今までを振り返らずにはおれないので
いろいろ思い返しています。

思い返してみると
所々に散らばる
今の状態につながるピースがあることに気づきます。

なので
今ではこうなったのは
必然なんかな?と思っています。

よくがんばった
二人とも!!

拍手[0回]

進展なし

音信不通。

唯一の連絡手段である
義母さんの携帯電話には
何度かけても出てくれません。

隣家とのトラブルの件では
拝借した電気の料金を
払わなくてはいけないのだけれど
どうなったか?

払えるのか?払ったのか?

気になって
居候先の義母さんの家にも行ってみましたが
お留守。

家の債権のことを話し合う
なんてことは叶うわけもなく。

このまま
家は人手にわたり
借金だけが残り
それも払えずどうなるのか。

自己破産するにしても
てつづきは自分でしなくてはいけません。

離婚のことも棚上げ。

家のことも棚上げ。


一体どういう人生を望んでるんだか。

思う通りにいかなくなったとき
フリーズしてしまう人なんでしょう。

他人になんとか
方向を示してもらって
次へやっと進める人です。

ひとの助けを必要としてるんです。

でももうわたしには無理です。

わたしを虐げて平気な人を助けることは
しません。

冷たい人間かもしれません。

でも
もうこれ以上きずつきたくありません。

何とか
自分の力で切り抜けれるようになるべきなんです。

そうなるには
何が足りないんでしょう?
何が必要なんでしょう?

わたしになにかできるのかな?


わからない。


自分の事をがんばりながら
影で応援するのみ。



拍手[0回]

残る想い


月に一度
幼馴染と習ってるアカペラが
楽しみでしょうがない。

気心の知れたメンバーなので
楽だ。


でもこないだの新譜が
いきものががりの「ありがとう」で
なんかとっても泣けてきちゃったんです。

ご存じ
歌詞が・・・・。

わたしの果たせなかった夫婦愛がテーマでね・・・。

リードボーカルは持ち回りで
この曲のリードボーカルに当たってしまったんです。

そのうち歌いながら泣きそう。


でも
未来に果たせることができる
と信じて歌えばいい。

と自分を奮い立たせてる。

いつかは誰かと。






拍手[3回]

割りきる

あした
元家の荷物を全部引き上げることにする
予定。

レンタカーでなん往復かすすれば終わるだろう。

ローンを払ってないので
差し押さえになるらしい。

当たり前のことなんだけど
どういうことなのか
いまいちわかってない。

家に入れるのかな?
荷物を勝手に運び出しても
いいんだろうか?

取り敢えず
朝早くに偵察してからの決行だ。

あの人とは音信不通だから
家の状況がまったくわからない。

交番にも行ってないらしく
おまわりさんから電話はかかってくるわ
家にまで来るわで
未だに電気騒動のことで
大変迷惑をかけられている。

著しく社会性を欠いた状態のあの人。
わたしが関わらないことで
エスカレートしている?

多分
わたしが関われば状態は上向きになるだろう。

でも
それでは元の木阿弥。

いつまでたっても
自分のしてることの
責任を取らないままの人生になってしまう。

残酷なような気もするが
助けることがあの人のためになるとは思わない。

わたしのためにも
っていうのは言わずもがな。

今はあのひとの真価が問われてるとき。

「水は低きに流れる」とは
あの人が人を批判するときに
好んで使っていた言葉。

自分の事わかってる?

そうならない生き方って大変なんだよ。

でもそんなに難しいことじゃない。

楽な方に流されてると
そのつけは必ずあとで返ってくる。

そのほうがもっと大変!!


それはわたし自身も同じこと。
今できることを精一杯やっていくことが大事。

淡々と
余計なことを考えず
粛々と。


拍手[0回]

少しずつひとつひとつ

燃えるごみの日のごみだし
がんばってました。

落ちるところまで落ちて
下げ止まりというとこところ
でしょうか。

家のローンは払ってない
仕事もしてない。

まずは
仕事を始めることからです。

まあ
その前に
交番に行かなきゃですね。


ちゃんと
交番にも行ったのに
担当のお巡りさんがいなかったので
もう一回です。

がんばれよ。


ハラハラしながら
見守るのみです。



拍手[0回]

こんなことで忙殺

でもこれもまたよし。

消息不明ではなくなったのだから。




情けない失態を犯したあの人。

きょうはお隣さんに謝りにいきました。

朝9時に約束したのに来ない!!
と思って焦ってたら
電車乗り遅れたって、、、
焦った~~~

ブッチするってあり得るから、、、こわいこわい。

こういうとき誰かに相談できる方がいいんだろな。
一人で抱え込んじゃう。

でも相談できる人はいない。
今は予定通り事が運んでいても
今後の展開も読めないし、、、


今後のかだい。




お隣さんに
いきなり土下座であやまるあの人。

冷静にあの人らしいと思った。

そそういうパフォーマンスは得意。
反省も本気だろう。

ただ同じような過ちを繰り返してしまう。


それがあの人。

若い頃と変わってない。
まんまだよ。

義母さんに食べさせてもらってるって。

いつまでそこをぐるぐる回ってるんだ?
わたしはもう関われない。

キッパリと確信した。

健康なのに働かない人とは暮らせない。
電気もガスも水道も止められて
なお働かず家にいるなんて
このブログ始めたときに戻ってる!



近所の人が不審に思う
ごみやしきのそうじに取りかかりながら
やっとこのそうじにとりかかれたとほっとした。

本人がその気にならないと
わたしばっかりがんばったところでしんどいもの、、、

おお恥かいて情けない思いもしたけど
ここまで追い詰められてようやく
片付けに取りかかる気になったあの人。

やる気になったらパワー全開。

1年以上そうじもごみ出しもしてなかったのでしょう。
ごみ袋30袋以上でました。

やれやれ。

てのかかる人です。

せっかくの母の日が台無し。

娘たちはお祝いを予定していたみたいですが、、、

これもわたしの蒔いた種です。
ちゃんと収穫まで面倒みなくてはね。

はてはて。


どのように離婚へのみちをたどりますやら、、、



今回のこともわたしの介入がなければ
ヘタすればお縄になってたわけです。

わたしの指示のままに動いたあの人。

あの人が必要としてるのは
パートナーではなく支援者です。

わたしには無理です。

なれるとしたら相談者かな。








拍手[2回]

プロフィール

HN:
キャットテール
性別:
女性
趣味:
仕事・ねこと昼寝
自己紹介:
いつも、急いでいるか
ボーっとしているか・・・

気持ちがゆらゆらして定まりません。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新記事

コメント

お気軽にどうぞ・・・
[05/04 キャットテール]
[05/03 みかん]
[05/06 キャットテール]
[01/06 キャットテール]
[01/05 kururu]

愛読ページ・リンク

RSS

携帯用バーコード